わたしがもっと素敵になる、くらしとお金のヒント
  第22話 当てはまる人は注意!
       お金から嫌われる5つのNG行動

わたしがもっと素敵になる、くらしとお金のヒント
第22話 当てはまる人は注意! お金から嫌われる5つのNG行動

(写真=PIXTA)

お金に愛されるのはもちろんですが、嫌われないようにするのも大切です。気が付かないうちに、お金が逃げていってしまうような行動をしているかもしれません。そこで今回は、新年や新生活のスタートに合わせてチェックしておきたい項目をピックアップしました。ひとつでも当てはまったら要注意! すぐに改善してお金に愛される第一歩を踏み出しましょう。

■【チェックポイント1】夜ふかしが多い

夜更かしする女性

夜型の生活や夜ふかしが多い人は余計なお金を使ってしまう傾向があります。深夜の帰宅となれば終電は無く、タクシー代は2割増しに。テレビを見れば深夜の通信販売でコスメや美容家電を衝動買いしてしまう可能性も高くなります。 ついついつまんでしまうお菓子が1日200円程度だとすれば、月に6,000円もの出費になります。さらに夜ふかしすることで、翌朝の体調にも影響が出ます。不調な肌や体をケアするのにサプリメントや化粧品を購入すれば、その分出費がかさんでしまうでしょう。夜ふかしを止め、早寝早起きの習慣をつければ、無駄な出費を抑え、健康的な生活が送れるかもしれません。

■【チェックポイント2】通信費の見直しを半年以上していない

通信費の見直しを定期的に行っていますか? スマホの通信量が毎月余ってしまう場合や、足りずに通信量を追加購入している場合は、今のプランが適していない証拠です。たとえば大手キャリアから格安スマホ会社に契約変更すれば、月々約4,000〜5,000円もの節約になる場合も! 家でもインターネットを使用するならデータ通信ではなくWi-Fiを利用したほうが安くなる場合もあります。恋人や家族と同居している人は同じ会社に統一すれば、家族を含めて基本料金が25%も割引になるケースがあるなど、通信費を安くすることもできますよ。

■【チェックポイント3】 部屋がもので溢れている

たくさんのコスメ

クローゼットの中は着ない服であふれ、ドレッサーの前にはなんとなく買ってしまったプチプラコスメの山……なんていうことはありませんか? いつまでも不用品を持っていたり、部屋が散らかっていると、風水的にも金運を下げてしまうことに…。何年も着ていない服は、思い切って買い取り専門店やフリマアプリを利用して売ってしまいましょう。ブランド服なら定価の半額前後、ノーブランドの古着でも数百円ほどで売れることも。不要品がお金に変わり、部屋にも良い「気」が入ってきて一石二鳥に。コスメは、欲しくても使い切るまで我慢するといった習慣を身につけてみて下さいね。

■【チェックポイント4】スマホがアプリでいっぱい

アプリでいっぱいのスマホ

生活に上手く取り入れればとても便利なスマホアプリ。さまざまなキャンペーンやポイント付与などにつられて登録したアプリが使わず放置されていませんか? 中には知らずに月額使用料を支払っているアプリがあるかもしれませんよ。また、アプリを入れているだけで無駄に通信量を消費してしまう場合もあります。足りない通信量を追加購入すると大手キャリアでは1GBあたり1,000円〜と割高です。スマホの中を整理して無駄なアプリを消せば、スマホの動きも良くなり通信費の節約にもなりますよ。

■【チェックポイント5】現金払いが多い

モノを買うとき、現金派ですか? それともカード派ですか? 同じものを同じ値段で買うのに、現金で支払うのはもったいないこと。クレジットカードを利用すればポイントを貯めることができます。たとえば還元率1%のクレジットカードならば、月10万円分をカード払いすれば1,000円分のポイントとして受け取れます。毎月1万円程度の出費になる公共料金や通信費をカード払いすれば、あっという間にポイントがたまりますよね。クレジットカードを持ちたくないという人は、QRコードを利用したキャッシュレス決済でポイントの恩恵を受けることができますよ。また2020年6月までは消費税増税にともなうキャッシュレス決済の「ポイント還元」もあるので、ぜひ活用しましょう!

■お金に嫌われないように身近な生活習慣を見直そう

チェックポイントにひとつでも当てはまる行動があったら、今すぐ改善しましょう! 今までと違った考え方や行動を起こすことで、自然とお金に愛される人になれるかもしれません。 まずは、整理整頓や夜ふかしを止めるなど、日常生活のなかで実践できることから心がけてみてはいかがでしょうか。


この記事が気になった人は、こちらの情報もチェック!

PAGE TOP

PAGE TOP