ライフステージ別加入例 / 一人親家庭向けプラン

一人親家庭向けプラン

一人親家庭において一番不安なのは、自分にもしものことがあった時に残されたお子さまの生活をどうするかということです。当面の生活を賄えるくらいのお金を残すためにも、2,000万円〜3,000万円程度の死亡保障をおススメします。 また、ケガや病気で入院する際には、一時的に収入が減収してしまう可能性があるので、入院費や医療費が家計を圧迫する可能性があります。その分の負担を軽減するためにも医療保険に加入しておくのがいいでしょう。とはいえ、保険料が日頃の生活を圧迫してしまっては意味がないので、まずは医療保険の入院給付金日額は5,000円程度加入しておくといいでしょう。余裕のある方は、入院給付金日額10,000円に設定しておくとケガや病気の時により経済的負担を軽減することができます。

関連リンク

募資S-1608-126-99

PAGE TOP

PAGE TOP