ライフステージ別加入例 / ご夫婦向けプラン

ご夫婦向けプラン(男性)

独身者の方と大きく違うのは、自分にもしものことがあった場合、残される家族がいるということです。奥様が働いている場合は、それほど大きな死亡保障は必要ないですが、奥様が専業主婦でご主人にもしものことがあった場合、収入が大きく減収してしまう可能性があるので、しばらくは生活できる資金を残す必要があります。 共働きの場合は、死亡保険金額300万円〜500万円程度、奥様が専業主婦の場合は2,500〜3,000万円程度の保障をしておくのが安心です。
また入院に対する備えも充実させておくのがいいでしょう。突然の入院や手術は誰にでも起こりえることです。その際は、ある程度の期間働くことができず、収入が減少してしまう可能性があります。さらに、治療費や健康保険対象外の差額ベッド代もかさむため想定よりも出費が多くなり、安心して治療に専念することができない可能性もあります。入院費や手術費を医療保険で賄うことができれば安心ですね。

ご夫婦向けプラン(女性)

奥様の保険加入は軽視されがちですが、奥様が入院した場合、奥様の看病や家事等をご主人が仕事をしながら行う必要があり、両立することは難しく家事や食事のことがおろそかになってしまう可能性があります。 そこで、家事の代行を頼むことにしたり、食事を外食で済ませてしまったりと予想外の出費がかさみます。もちろん、奥様の入院費等もかかるので一時的な出費は多いと言えるでしょう。医療費等の支出をカバーすることができるので奥様の医療保険の加入もしっかり検討しておきましょう。 また、大きな死亡保障は必要ありませんが、もしもの時、葬儀費用として300万円程度の死亡保険に加入しておくことをおススメします。

関連リンク

募資S-1608-126-99

PAGE TOP

PAGE TOP