ライフステージ別加入例 / 独身者向けプラン

独身者向けプラン(男性)

独身者の男性で特に20代〜30代の方には医療保険がおススメです。 入院することになった時には収入の減少が予想されるので、思っているよりも医療費の負担が大きく感じられるかもしれません。入院給付金日額5,000円程度を目安に加入しておくといざという時に安心です。 また、入院時に個室を希望した場合の差額ベット代は、健康保険では保障されないので入院給付金日額10,000円の保障で加入しておけば、経済的負担を軽減することができるので、安心して治療に専念することができます。
SBI生命の医療保険では通院特約をつけることで、退院後の通院にも給付金が支払われますので、こちらも経済的な負担が軽減されます。 また死亡保険にも加入しておくのもいいでしょう。 独身の男性の場合、一般的に高額な死亡保障は必要ありませんが、もしもの時、ご両親に迷惑をかけずに済むように、葬儀費用として300万円程度の死亡保険に加入しておくことをおススメします。 SBI生命の死亡保険「インターネット申込専用定期保険(無解約返戻金型)」であれば、20代男性の場合、主契約のみで月々の保険料は、500円以下なので負担も少なく、気軽に加入できると思います。

独身者向けプラン(女性)

独身者の女性は、特に医療保険がおススメです。入院給付金日額は10,000円を目安にしましょう。女性が中長期的に入院する場合、個室での入院を希望する方が多いのではないかと思います。しかしながら個室にすることによる差額ベット代は健康保険の対象外であり、長い入院になるほど経済的負担が大きくなります。相部屋での入院は経済的には負担が少ないですが、他人と同じ場所で生活するために精神的負担が増加すると考えられます。もしも入院した時に安心して治療に専念するためにも医療保険はおススメです。もちろん女性特有の病気になり入院、手術をした時も保障されます。さらに病気だけでなく出産の時に、帝王切開で入院・手術をされた場合にも給付金が支払われるので加入しおけば安心ですね。
また死亡保険に加入しておくのもいいでしょう。 独身の女性の場合、大きな死亡保障は必要ありませんが、もしもの時、ご両親に迷惑をかけずに済むように葬儀費用として300万円程度の死亡保険に加入しておくことをおススメします。

関連リンク

募資S-1608-126-99

PAGE TOP

PAGE TOP