コンプライアンス

コンプライアンス(法令等遵守)体制

SBI生命は、コンプライアンスを最も重要な経営課題の一つと認識し、業務を遂行する際にはグループの基準に従って最高水準のコンプライアンスを実践しています。特に、基本方針の根底をなす「行動規範」については、「お客様」「社員」「外部業者」「社会」「株主」「生命保険業界」等の項目について列挙し、その対応方針を明示しています。

SBI生命では、役職員のコンプライアンス実践の手引きとして「行動規範」を含む「コンプライアンスマニュアル」を常時参照することを徹底するとともに、各種研修を通じてコンプライアンス水準の向上を図っています。

コンプライアンスの推進に関する重要な事項については、取締役会の下に設置されたコンプライアンス強化委員会で検討・決定されます。また、全社的な推進を図る統括部署としてコンプライアンス部を置いています。さらにこれを補完するため、本社の各部署にコンプライアンス推進責任者およびコンプライアンス推進担当者を配置して、全社一丸となったコンプライアンス体制を構築しています。

コンプライアンス体制の整備状況と実践状況の確認については、社内検査および監査を行ない、コンプライアンス体制の牽制機能強化に努めています。コンプライアンス部が適切に業務を実施しているかどうかについても、社長直属の監査部が内部監査を行なうことにより、牽制機能のさらなる向上に努めています。

関連リンク

PAGE TOP

PAGE TOP