医療保険を選ぶポイントを解説

病気やケガは誰にでも起こりうるリスク。その中でも特に心配なのが、長引く入院や手術が必要になったときの医療費。そんなときに支えとなるのが医療保険です。医療保険は入院や手術をしたときに給付金が支払われる保険です。病気やケガをしたときの経済的な負担を軽くすることが出来ます。
しかし医療保険には、ご自身で設定しなくてはならないことがたくさんあります。例えば「入院給付金日額」や「入院限度日数」、そして各種特約など。本記事ではこのような医療保険の選び方について解説していきます。医療保険を検討しているが決めることが多くて難しい…という方は、ぜひご参考にしてみてください。

聴診器の写真

病気やケガをしたとき、必要になる費用は?

実際どれくらいお金がかかるの?

まずは病気やケガをしたとき、どのような出費があるのかを把握しましょう。私たちが病気やケガをしたときの医療費は、公的医療保険が負担する部分と、私たちが自己負担する部分とに分けられます。
私たちが自己負担する金額の割合は、年齢や収入によって決められています。小学校入学後〜69歳の方の場合、実際にかかった医療費の3割が自己負担額。小学校入学前のお子さんや70〜74歳の方は2割、75歳以上の方は1割です。ただし、70歳以上の方であっても「現役並み所得者」(収入や年齢、世帯人数等の条件により決められます)とみなされる場合、自己負担は3割となります。

また、公的医療保険が医療費の大部分を負担するとはいえ、長期の入院や大きな手術をしたときなどは自己負担額が高額になることもありますよね。そのような場合の負担が軽くなるように、自己負担額には上限が設けられており、上限を超えた分は支給されます。この制度を「高額療養費制度」と言い、自己負担限度額は年齢や収入によって決められます。

日本にはこのような公的医療保険制度がありますが、実はこれではカバーできない部分もあるのです。「入院中の食事代の一部負担」や「差額ベッド代」、「先進医療の技術料」、「雑費」などです。

入院中の食事代の一部負担

入院したときの食事代は、1日3食を限度に、1食につき460円が自己負担となります。なお、住民税非課税者、指定難病患者などの場合は負担額が変わります。いずれにせよ入院すると、100〜460円の食事代を自己負担することになります。

差額ベッド代

入院した場合のベッド代は公的医療保険の対象となります(6人部屋などの大部屋の場合)が、個室など条件の良い病室を希望する場合は、公的医療保険の対象にならず、大部屋料金との差額を全額自己負担することになります。これを差額ベッド代と言います。
差額ベッド代の平均額は6,258円。何人部屋かにもよりますが、なかには1日あたり3万円以上という部屋もあります。「入院することになったら個室で治療に専念したい」という方は、差額ベッド代が自己負担になることを頭に入れておきましょう。

差額ベッド代平均額(1日あたり・税込み) (※1)
・1人部屋・・・7,097円
・2人部屋・・・3,099円
・3人部屋・・・2,853円
・4人部屋・・・2,514円
・全体の平均・・・6,258円
(※1)平成30年7月1日時点 厚生労働省保険局医療課調べ

先進医療の技術料

先進医療とは厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養のことを指します。先進医療の技術料は公的医療保険の対象にならないので全額自己負担となりますが、診察料や検査料、入院費など、通常の治療と共通する部分に関しては公的医療保険の対象となります。
先進医療と認められるためには、「定められた適応症の治療のため」に「届出をした病院」で医療技術を受ける必要があります。厚生労働省によると、2020年10月13日時点で先進医療技術は78種類、実施医療機関は737機関です。

先進医療技術の技術料例

(※2) 中央社会保険医療協議会「令和元年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」を基にSBI生命保険が作成

先進医療にかかる費用は種類によって異なりますが、なかにはかなり高額になるものもあります。こうした経済的負担に備える手段として、「先進医療特約」があります。先進医療特約については後ほどご説明します。

雑費

これら以外にも、入院時の出費は意外と多いです。例えばタオルや衣服、洗面用具などの日用品費や、テレビ、本、雑誌代などの娯楽費が挙げられます。ご家族がお見舞に来る場合は、病院までの交通費も必要です。こうしたちょっとした出費も、長期間続くと負担になります。入院時に必要となる雑費のことも念頭に入れて保障内容を設定すると良いでしょう。

病気やケガをしたときにどのような出費があるのか、大体イメージがついたでしょうか。次は具体的に、医療保険の選び方をご説明したいと思います。

医療保険の選び方

保険期間

まずは保険期間についてご説明します。
医療保険の保険期間には、保障が一生涯続く終身タイプと、一定期間保障される定期タイプがあります。定期タイプの医療保険の場合、5・10・15年満了などと、一定の保険期間が決められており、満了時に自動的に一定の年齢まで更新されるものが一般的です。保険料は更新時の年齢・保険料率で再計算されるため、更新するごとに金額は高くなります。一方で終身タイプの場合、更新がないので保険料は上がりません。

医療保険の保険期間
・終身タイプ・・・保障が一生涯続く。保険料は上がらない。
・定期タイプ・・・5、10、15年満了など期間が定められており、更新のたびに保険料が上がる。

病気やケガに対して一定期間だけ備えたいのであれば、定期タイプを選びましょう。
ただし、病気のケガやリスクは年を重ねれば重ねるほど高くなります。また、高齢になればなるほど入院のリスクが高まる傾向にあるので、医療費の負担も心配になってくるでしょう。終身タイプの医療保険なら年齢の制限なく、こうした老後の医療費の心配ごとにも備えることができて安心です。

保険料払込期間

次に保険料の払込期間です。
終身タイプの医療保険に加入する場合、保険料の払い方は2種類から選ぶことができます。有期払込タイプ終身払込タイプです。有期払込タイプとは60歳までなど、期間を決めて保険料を払い込むタイプです。終身払込タイプは保険料を一生涯払い続けるタイプです。どちらの払込期間を選ぶかによって、支払う保険料が変わってきます。

有期払込タイプの場合、毎月の保険料は終身払込タイプよりも割高になります。一方で終身払込タイプの場合は毎月の保険料の負担が軽くなりますが、支払いは一生涯続くので、長生きすればするほど保険料の総額は増えていきます。

早めに保険料の支払いを終わらせて老後の経済的負担を軽くしたい方には、決められた期間で保険料の払い込みが終わる有期払込タイプがおススメ。一方、毎月の保険料をできるだけ抑えたいという方には終身払込タイプがおススメです。それぞれの保険料と、ご自分の家計事情を照らし合わせて、無理のない方法を選びましょう。

入院給付金日額

入院するとその入院日数に応じて入院給付金が支払われます。この入院給付金の日額は主に5,000円か10,000円から選べるものが多いです。

入院給付金日額の選び方ですが、先ほどご説明した「差額ベッド代」や「入院中の食事代の一部負担」などの費用まで全て医療保険でまかないたいという方は10,000円と設定すると安心です。例えば差額ベッド代の平均額は6,258円(1日あたり・税込み)(※1)でした。これをカバーしようとすると入院給付金日額5,000円では足りなくなりますので、入院給付金日額は10,000円がおススメです。

また、自営業者や主婦・主夫の方などは入院給付金日額を高めに設定することをおススメします。会社員や公務員の方の場合、病気やケガをしたときは有給休暇や傷病手当金がありますが、自営業者や主婦・主夫の方などの場合、そのような制度はないためです。

入院限度日数

医療保険には、1回の入院で給付金を受け取ることができる日数の上限が決められており、これを入院限度日数と言います。60日型120日型が多く、他にも30日型・180日型・360日型・365日型などがあります。

実際、どれくらいの日数入院するケースが多いのでしょうか。厚生労働省の患者調査の概況(※3)によると、患者の平均在院日数は29.3日。基本的には60日型で足りることが多いようです。

ただし、例えば脳血管疾患による入院は長引く傾向にあります。特に高齢者(65歳以上)の脳血管疾患による入院は平均で86.7日(※3)。長引く入院は、健康面だけでなく経済面も心配です。こうしたケースに備えたいという方は、入院限度日数を多めに設定しましょう。

(※3) 厚生労働省「平成29年患者調査の概況」

特約で保障を手厚く!

主契約に保障を上乗せしてさらに安心

保険は主契約特約の組み合わせで構成されています。主契約は保険のベースとなる契約、特約はベースに付加するオプションとなる契約のことです。特約は主契約に付け加えるものなので、単独で加入することはできません。主契約のみの加入は可能です。
主契約に特約を付加することで、主契約の保障内容をさらに厚くすることが出来ます。主契約だけではカバーすることのできないリスクが心配であれば、特約で対応しましょう。ここからはSBI生命の医療保険に付加することができる主な特約をご紹介します。

通院特約

SBI生命の医療保険の主契約は入院や手術を保障の対象としており、通院は保障の対象外です。通院特約に加入していると、通院をしたときにも給付金を受け取ることができます。具体的には、入院給付金の支払事由に該当する入院をし、退院後、一定期間内にその治療を目的として通院をしたときです。給付金額は、通院給付金日額×通院日数となります。

実は退院した方の約8割が、入院した病院や診療所等に通院しています (※4) 。入院をすると、多くのケースで退院後の通院が必要になるようです。通院特約を付加すれば、退院後まで安心して治療に専念することができます。

(※4)厚生労働省「平成26年患者調査の概況」

先進医療特約

先ほどご説明した「先進医療の技術料」ですが、公的医療保険が適用されないため、場合によっては大きな経済的負担になることも。先進医療特約はそんな心配ごとに備えるための特約です。この特約に加入していると先進医療を受けたとき、先進医療技術料の自己負担額分を受け取ることができます。
経済的な理由で治療の幅を狭めたくない、という方にはおススメの特約です。

在宅医療にも備える必要がある?

近年増加傾向にある在宅医療の費用が心配

皆さんはここ近年で増加傾向にある「在宅医療」をご存じでしょうか。在宅医療を受けた推計外来患者数の年次推移(※3)を見ると、平成20年の時点では約10万人程度であった患者数が、平成29年には約18万人に増加していることが分かります。厚生労働省も在宅医療を推進しており、今後さらに増加していくことが見込まれています。

>在宅医療ってなに?詳しく知りたい方はこちら
在宅医療を受けた推計外来患者数の年次推移

(※3) 厚生労働省「平成29年患者調査の概況」

このように増加傾向にある在宅医療ですが、その費用はどのように備えれば良いでしょうか。
現時点では、在宅医療が保障の対象となる医療保険は多くありません。在宅医療の保障を重視して医療保険を選ぶのであれば、在宅医療が保障されるのかどうかを確認する必要があります。

在宅医療に備えるなら終身医療保険「も。」

「も。」で通院・先進医療に加え、在宅医療にも備えることができる

退院後の通院や先進医療、そして在宅医療など、ここまで様々な治療の形をご紹介しました。これらの治療が全て、一生涯保障される医療保険があれば安心ですよね。そのような医療保険に加入したいという方はぜひ一度、SBI生命の終身医療保険「も。」をご検討してみてください。
SBI生命の終身医療保険「も。」は、入院や手術だけでなく、通院や先進医療、そして在宅医療にも備えることが出来る終身医療保険です。お見積りはネットにて10秒で完了しますのでお手軽。まずは下記のボタンからご自分の保険料をチェックしてみてください!

>保険料の10秒見積もりはこちら

まとめ

  • ・「入院中の食事代の一部負担」や「差額ベッド代」、「先進医療の技術料」、「雑費」などは公的医療保険の対象外なので、医療保険でカバーすると安心。
  • ・医療保険の保険期間には、保険料が上がらない終身タイプと、更新時に保険料が再計算される定期タイプがある。
  • ・終身タイプの医療保険に加入する場合、保険料の払い方は有期払込タイプと終身払込タイプの2種類から選べる。
  • ・「差額ベッド代」や「入院中の食事代の一部負担」などの費用まで医療保険でまかないたい方や、自営業者やフリーランス、主婦・主夫などの方は入院給付金日額を高めに設定するのがおススメ。
  • ・入院限度日数は60日型で足りるケースが多いが、特定の疾病の場合、平均入院日数が長期化する傾向にあるため、心配な方は120日型など長めにすると良い。
  • ・通院を保障する通院特約や、先進医療の技術料を保障する先進医療特約で、医療保険の保障内容を充実させることができる。
  • ・SBI生命の終身医療保険「も。」なら、増加が見込まれている在宅医療にも備えることができる。

募資S-2010-272-DA

PAGE TOP

PAGE TOP