社会貢献活動

SBI生命は、社会の一員として幅広く貢献していきたいと願い、様々な社会貢献活動に取り組んでいます。

聴導犬・介助犬の普及活動支援

聴覚障害や肢体障害がある方々の日常生活を助ける聴導犬と介助犬。一人ひとりのユーザーに寄り添って役に立つ聴導犬と介助犬の役割が、お客様に「一人ひとりが持つ不安を解消し、チャレンジできる人生」を支援する、という私たちの使命にも通じることから、SBI生命では引き続き社会福祉法人 日本聴導犬協会の聴導犬・介助犬の育成・普及・啓発活動を支援しています。

地域社会への貢献活動

  • ・大規模な自然災害や感染症が発生した地域の復興・救援活動を支援する社員募金や活動を実施しています。
  • ・2016年度も社会福祉支援のための募金参加と使用済み切手の寄付を通じて地域貢献活動に取り組みました。

SBIグループの社会貢献活動

SBIグループは、企業は社会との共生の中でのみ繁栄することができるとの考えのもと、本業そのものがCSR(企業の社会的責任)の取り組みに合致する事業活動を強力に推進し、本業を通じて社会に貢献すると同時に、より直接的な社会貢献に取り組んでいます。

http://www.sbigroup.co.jp/csr/childwelfare.html

本業を通じた社会貢献

ポイントプログラムを活用した社会貢献

SBIグループの共通ポイントプログラムである「SBIポイント」を、児童福祉の充実と向上を目的とする公益財団法人SBI子ども希望財団や国連の難民支援機関である国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)等の団体へ寄付金として送金する「ポイント募金」を実施しています。

直接的社会貢献

児童福祉向上への取組み

SBIグループでは、虐待やネグレクト(養育放棄)といった厳しい環境におかれた子供たちの福祉の向上を目的に公益財団法人 SBI子ども希望財団を設立し、日本の将来を担う子どもたちのために児童福祉問題の解決に積極的に取り組んでいます。SBI子ども希望財団は、児童虐待防止の社会的啓発運動である「オレンジリボン・キャンペーン」を後援しており、毎年11月の虐待防止強化月間にはSBIグループ役職員一同、啓発活動に取り組んでいます。

オレンジリボン運動公式サイト

PAGE TOP

PAGE TOP