SBIグループについて

インターネット金融サービスのパイオニア

SBIグループは、日本におけるインターネット金融サービスのパイオニアとして1999年に設立され、インターネットの普及・進化と金融の規制緩和という2つの時流を捉え、飛躍的な成長を遂げてきました。
金融サービス事業では、証券・銀行・保険などを幅広く手掛ける世界でも極めてユニークなインターネットをメインチャネルとする金融コングロマリット体制を確立しました。
当グループ創業以前から取り組んできたベンチャー企業への投資を主とするアセットマネジメント事業に加え、バイオ関連事業にも参入しています。

金融サービス事業

多種多様な金融商品や関連するサービス・情報の提供等を行っています。

アセットマネジメント事業

国内外のITやバイオ、環境・エネルギー、そして金融関連のベンチャー企業などへの投資や資産運用に関連するサービスの提供等を行っています。

バイオ関連事業

医薬品や健康食品、化粧品の分野でグローバルに展開しています。

SBIグループ 5つの経営理念

正しい倫理的価値観を持つ

「法律に触れないか」、「儲かるか」ではなく、それをすることが社会正義に照らして正しいかどうかを判断基準として事業を行う。

金融イノベーターたれ

従来の金融のあり方に変革を与え、インターネットの持つ爆発的な価格破壊力を利用し、 より顧客の便益を高める金融サービスを開発する。

新産業クリエーターを目指す

21世紀の中核的産業の創造及び育成を担うリーディング・カンパニーとなる。

セルフエボリューションの継続

経済環境の変化に柔軟に適応する組織を形成し、「創意工夫」と「自己改革」を 組織のDNAとして組み込んだ自己進化していく企業であり続ける。

社会的責任を全うする

SBIグループ各社は、社会の一構成要素としての社会性を認識し、さまざまなステークホルダー(利害関係者)の要請に応えながら、社会の維持・発展に貢献していく。

PAGE TOP