終身医療保険「も。」 / 保障内容

終身医療保険「も。」の保障内容

お支払いする保険金・給付金 / 終身医療保険(無解約返戻金型)

給付金名/お支払事由 お支払金額 お支払限度
(1)疾病入院給付金
被保険者が疾病の治療を目的と して入院したとき
入院1回につき、
入院給付金日額×入院日数
1回の入院についての支払限度は、60日型は支払日数60日、120日型は支払日数120日で、通算支払限度は、支払日数1,095日となります。
(2)災害入院給付金
被保険者が不慮の事故による傷害の治療を目的として入院したとき
不慮の事故による入院1回につき、
入院給付金日額×入院日数
同一の不慮の事故による入院についての支払限度は、60日型は支払日数60日、120日型は支払日数120日で、通算支払限度は、支払日数1,095日となります
(3)手術・放射線治療給付金
被保険者が疾病や傷害の治療を目的として手術または放射線治療を受けたとき
入院給付金の支払事由に該当する入院中
【 手術1回につき入院給付日額×10倍 】
手術・放射線治療給付金の通算支払限度はありません。ただし、骨髄幹細胞の採取術は保険期間を通じて1回限りとなります。
放射線治療給付金は放射線治療を、1つの放射線照射計画にしたがって2回以上受けた場合には、最初に放射線治療を受けた日に1回、放射線治療を受けたものとみなします。
放射線治療を2回以上受けた場合には、手術・放射線治療給付金が支払われることとなった直前の放射線治療を受けた日からその日を含めて60日以内に受けた放射線治療については、手術・放射線治療給付金を支払いません。
外来のとき
【 手術1回につき入院給付日額×5倍 】
重大手術によるとき
【 手術1回につき入院給付日額×40倍 】
骨髄移植術または責任開始日から1年経過後に受けた骨髄幹細胞の採取術によるとき(自家移植を除く)
【 手術1回につき入院給付日額×10倍 】
入院の有無にかかわらず
【 放射線治療1回につき入院給付日額×10倍 】

※ご契約の際には「契約概要および重要事項のお知らせ(注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

※重大手術とは下記の手術を指します。
(a)悪性新生物に対する開頭・開胸・開腹手術および四肢切断術(手指・足指を除きます。)
(b)脊髄腫瘍摘出術、頭蓋内腫瘍開頭摘出術、縦隔腫瘍開胸摘出術
(c)心臓・大動脈・大静脈・肺動脈・冠動脈の病変に対する開胸・開腹術
(d)日本国内で行われた心臓・肺・肝臓・膵臓・腎臓(それぞれ人工臓器を除きます。)の移植手術

お支払いする保険金・給付金 / 終身通院特約(無解約返戻金型)

給付金名/お支払事由 お支払金額 お支払限度
(1)疾病通院給付金
被保険者が疾病入院給付金の支払われる入院後に入院原因となった疾病によりその入院の退院日翌日から120日以内に通院したとき
1回の入院の退院後の通院につき、
疾病通院給付金日額(入院給付金日額の60%)×通院日数
疾病通院期間中(退院日の翌日から120日)の支払日数は、30日をもって限度となり、通算支払限度は、この特約の保険期間を通じ、支払日数を通算して1,095日となります。
(2)災害通院給付金
被保険者が災害入院給付金の支払われる入院後に入院原因となった傷害によりその入院の退院日翌日から120日以内に通院したとき
1回の入院の退院後の通院につき、
災害通院給付金日額(入院給付金日額の60%)×通院日数
災害通院期間中(退院日の翌日から120日)の支払日数は、 30日をもって限度となり、通算支払限度は、この特約の保険期間を通じ、支払日数を通算して1,095日となります

※ご契約の際には「契約概要および重要事項のお知らせ(注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

お支払いする保険金・給付金 / 終身在宅医療特約(無解約返戻金型)

給付金名/お支払事由 お支払金額 お支払限度
在宅医療給付金
被保険者が入院給付金の支払対象となる入院の退院後に、当該入院の原因と同一の原因により、公的医療保険制度を利用して、在宅医療を受けたとき
1カ月(月初から月末まで)の期間における1回以上の在宅医療受診につき、在宅医療給付金月額(入院給付金日額の6倍。ただし、6万円限度)
(満70歳以上で在宅医療を受けたとき、在宅医療給付金月額の50%)
この特約の保険期間を通算して36カ月となります。

※ご契約の際には「契約概要および重要事項のお知らせ(注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

  • ※在宅医療とは、通院が困難であると医師が判断し、かつ、計画的な医学管理のもとに医師または医師の指示による看護師、保健師、理学療法士等が定期的に被保険者の居宅等を訪問して、公的医療保険制度を利用した診療または看護等を行うことをいいます。 そのため、往診は該当しません。
  • ※次の場合は、お支払事由に該当しないため、在宅医療給付金はお支払いたしません。
    • ・公的医療保険制度を利用しないで在宅医療を受けたとき
    • ・公的介護保険制度を利用した介護サービスを受けたとき
    • ・通院が困難であると医師が判断しないとき
    • ・歯科医師による在宅医療を受けたとき

お支払いする保険金・給付金 / 先進医療特約(無解約返戻金型)

給付金名/お支払事由 お支払金額 お支払限度
先進医療給付金
被保険者が疾病または傷害の治療を目的としてその時点で厚生労働省が定める先進医療による療養を受けたとき
先進医療にかかる技術料のうち被保険者が負担した費用と同額 通算支払限度は、この特約の保険期間、更新前後を通じ、先進医療給付金の支払額を通算して2,000万円となります。

※ご契約の際には「契約概要および重要事項のお知らせ(注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

  • 先進医療特約(無解約返戻金型)の保険期間は10年とします。ただし、主契約の保険料払込期間が10年未満となる場合は、先進医療特約(無解約返戻金型)の保険期間は主契約の保険料払込期間満了までの年数とします。
  • ※先進医療特約(無解約返戻金型)の更新
    • ・先進医療特約(無解約返戻金型)は、保険期間10年で自動更新します。
    • ・保険料払込期間満了までの期間が10年に満たない場合は、主契約の保険料払込期間満了までの年数で更新します。
    • ・主契約の保険料払込期間が終身払込の場合で、更新後の保険期間満了日の翌日の年齢が90歳をこえるときは、90歳までの保険期間に変更して更新します。
    • ・先進医療特約(無解約返戻金型)が更新された場合、先進医療給付金の通算支払限度は、更新前後を通じ2,000万円となります。
    • ・更新を希望しない場合は、保険期間満了日の1か月前までに当社に書面でお手続きしてください。
    • ・主契約の保険料払込期間満了後に先進医療特約(無解約返戻金型)の更新を希望する場合は、保険期間を90歳満了として更新できます。その場合は、更新から満了までの保険料を全期前納でお払込みください。
  • ※全期前納とは保険料払込期間全期にわたる保険料の全部を前払いすることをいいます。この場合、保険会社は所定の利率で保険料を割り引きます。
  • ※既に当社の他のご契約に先進医療特約を付加されている場合には、付加することはできません。

終身医療保険「も。」保険期間

終身医療保険「も。」保険期間

保険料払込期間 契約可能年齢
60歳払込満了 満20歳〜満55歳
65歳払込満了 満20歳〜満60歳
70歳払込満了 満20歳〜満65歳
終身払込 満20歳〜満69歳

保険の取扱範囲・契約形態について

既往症、職業その他によってはご契約をお引受けできない場合や、保障の一部を制限する等の条件をつけてお引受けする場合があります。
ご契約者さまと被保険者が同一の場合のみお申込みいただけます。

解約返戻金

この保険は主契約および特約に解約返戻金はありません。

満期保険金・配当金

この保険は主契約および特約に満期保険金・配当金はありません。

関連リンク

ご契約に関するお問い合わせ
契約申込サポートデスク
フリーダイヤル0120-272-060
受付時間 9:00〜18:00(土日・祝日・年末年始を除く)
※携帯電話・公衆電話からもご利用いただけます。
その他のお問い合わせ・ご相談
お問い合わせ

募資S-1608-123-DA

PAGE TOP