保険をお考えのお客様Q&A

商品に関するご質問

インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」についてのご質問

Q. インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」は郵送でも申込めますか?
A.インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」は、インターネット申込専用の商品です。PC・スマホをご利用いただき、インターネットでお申込みください。
なお、郵送等でのお申込みをご希望の場合は下記お問い合わせ先にご相談ください。
Q.これからインターネットで申込むのですが、事前に準備しておくものを教えてください。
A.以下を事前に準備していただくと、スムーズにお手続きできます。
・運転免許証など現在の正確な住所がわかるもの
・保険料をお支払いいただく際に使用するクレジットカード、もしくは金融機関の口座番号がわかるもの(ご契約者様名義のものに限ります)
Q. インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」の保険料は掛捨てですか?
インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」は、インターネット申込専用の商品で、お手頃な保険料でご契約いただけるように設計された、掛捨ての保険です。
したがって、解約された場合は、解約返戻金はありません。 また、満期保険金もありません。
Q. インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」は何歳から何歳まで申込める保険ですか?
A.20歳から69歳までの方にお申込みいただけます。 ※ご加入いただける保険金額は年齢により異なります。
Q. インターネット申込専用定期保険「クリック定期!」は加入後に保険料が上がりますか?
A.ご契約時の保険料は、保険期間の10年間は変わりません。
ただし、10年間経過し、ご契約を更新された場合の更新後の保険料は、更新日時点の被保険者の年齢および保険料率により新たに計算します。

終身医療保険「も。」についてのご質問

Q.保障対象となる在宅医療とは何ですか?
A.在宅医療とは、通院が困難であると医師が判断し、かつ、計画的な医学管理のもとに医師または医師の指示による看護師、保健師、理学療法士等が定期的に被保険者等の居宅等を訪問して、公的医療保険制度を利用した診療または看護等を行うことをいいます。そのため、往診は該当しません。
※次の場合は、お支払事由に該当しないため、在宅医療給付金はお支払いたしません。
  • ・公的医療保険制度を利用しないで在宅医療を受けたとき
  • ・公的介護保険制度を利用した介護サービスを受けたとき
  • ・通院が困難であると医師が判断しないとき
  • ・歯科医師による在宅治療を受けたとき
Q. 終身医療保険「も。」のインターネット申込と郵送・対面申込では保障内容や保険料に違いがあるのですか?
A.お申込み方法にかかわらず、保障内容と保険料は同じです。ただし、保険料払込方法や加入年齢範囲等のお取扱が異なります。
Q. 終身医療保険「も。」に死亡したときの保障はありますか?
A.死亡保障はありません。
Q. 終身医療保険「も。」は何歳まで保障が続きますか?
A.終身タイプの保険ですので、一生涯にわたり保障が続きます。先進医療特約は、最長90歳まで更新できます。
Q.これからインターネットで申込むのですが、事前に準備しておくものを教えてください。
A.以下を事前に準備していただくと、スムーズにお手続きできます。
・運転免許証など現在の正確な住所がわかるもの
・保険料をお支払いいただく際に使用するクレジットカード、もしくは金融機関の口座番号がわかるもの(ご契約者様名義のものに限ります)
Q.先進医療とは何ですか?
A.「先進医療」とは、法律に定める評価療養のうち、厚生労働大臣の定める評価療養・患者申出療養及び選定療養・患者申出療養に規定する先進医療(先進医療ごとに別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所において行われるものに限ります。)をいいます。 ただし、療養を受けた日現在、法律に定める「療養の給付」に関する規定において給付対象となっている療養は除きます。

在宅医療に関するご質問

Q.訪問診療と往診は違うの?
A.訪問診療は、通院が困難な患者さんの自宅等に医師・看護師等が計画的に訪問して診療を行うことをいいます。往診とは、急変時、その他、患者さんや家族の要望で不定期に行う在宅医療のことです。
Q.在宅医療と介護は違うの?
A.在宅医療は医療行為の1つです。介護は公的介護保険制度に基づくものです。在宅で介護を受けている方は医療も介護も併用しているケースもございます。
Q.在宅医療を行う医師を見つけることは簡単?
A.傾向として大都市の方が見つけやすい傾向にあります。全国各地に、「在宅医療を主に行う診療所」も次第に増えています。
Q.自宅以外の施設等で在宅医療を受けた場合は給付対象?
A.居宅等で在宅医療を受けた場合が給付対象です。在宅医療を受ける場所がその時の被保険者のお住まいの場所であれば給付対象です。
Q.在宅医療給付金を請求する場合は何を提出すればいいですか?
A.あらかじめ患者さんとお医者さんとの間で作成する在宅医療計画書の写しもしくは病院の診療報酬明細書の写しが必要です。(その他、入院給付金や手術給付金と同じくSBI生命所定の請求書・本人確認書・印鑑証明書・交通事故証明書(交通事故の場合)などが必要です。)

ご契約のお申込みに関するご質問

Q.これからインターネットで申込むのですが、事前に準備しておくものを教えてください。
A.以下を事前に準備していただくと、スムーズにお手続きできます。
  • ・運転免許証など現在の正確な住所がわかるもの
  • ・保険料をお支払いいただく際に使用するクレジットカード、もしくは金融機関の口座番号がわかるもの(ご契約者様名義のものに限ります)

関連リンク

募資S-1608-126-99

PAGE TOP

PAGE TOP